鬱リーマン、株式投資とパチスロと不毛な日々

鬱病で休職中、株デイトレをやりながらパチスロ打ってます。月初35万スタートで投資歴2年目。日常の出来事を綴ります。

glo hyper(グロー・ハイパー) レビュー~乗り換える人、多いんじゃないかな~

スポンサードリンク

British American Tobacco(BAT) より発売されている加熱式タバコの「glo」。去る4月に改良版のglo hyperが登場しました。

初代gloを持っているので購入する気はなかったのですが、購入費がTポイントに還元されるキャンペーンがあったので、入手しました。

今回は、初代gloとの喫味の差について感想を述べようと思います。

 

20歳未満の者の喫煙は、法律で禁じられています。また、本記事は喫煙者向けに書いており、喫煙を助長するものではない事をご了承下さい。

glo hyper

glo hyper

まずは全デバイスのレビュー

PM、BAT、JT全社が販売している加熱式タバコの各種比較レビューはこちら。

www.initial-jj.com

初代gloの特徴は、

  1. キック力が弱い
  2. 喫味は普通。中盤から味が薄くなる

だったのですが、glo hyperになってタバコスティックの径がやや太くなりました。iQOSより少しだけ細いサイズです。

これによりキック力増大と喫味持続力アップが実現しています。

 

カラー・バリエーション

ガジェットは「青、オレンジ、白」の3色ラインナップとなっています。

 

スティック・バリエーション

  1. ネオ・テラコッタ
  2. ネオ・フレスコ・メンソール
  3. ネオ・フリーズ・メンソール
  4. ネオ・フローレセント・シトラス ※メンソール
  5. ネオ・ブリリアント・ベリー ※メンソール
  6. ネオ・トロピカル・スワール ※メンソール
  7. ケント・ネオスティック・トゥルー
  8. ケント・ネオスティック・トゥルー・メンソール
  9. ケント・ネオスティック・トゥルー・ベリー・ブースト ※メンソール

 

喫味レビュー

ケントがラインナップに加わり全9種類ありますが、個人的にメンソールは吸わないので、2種あるレギュラー両方とネオのフレーバータイプを試しました。

全種制覇はしていませんが、glo hyperの喫味は充分わかりました。

ネオ・テラコッタ

glo hyper ネオ・テラコッタ

glo hyper ネオ・テラコッタ

ネオのレギューラー・タイプ。コーヒー風味がブレンドされた味だそうです。

まずキック力が遥かに強くなっており、iQOSよりも強く感じます。

喫味は、「コーヒー風味?うーん、、そうなの?」という感じですが、フレーバーが混ざっているのではなく、タバコ葉本来の味だと思います。

また、苦味を感じます。この苦味、試した全種で同じく苦味を感じました。

恐らくニコチンの苦味だと思います。実際、喫煙した時のニコチン摂取感が、かなりあります。この点、iQOSより上をいくガジェットではないかと思います。

後述のケント・レギュラーと比較すると、テラコッタの方が味に深みがあると思いました。

レギュラーだったらテラコッタがオススメ。

ネオ・フローレセント・シトラス

glo hyper ネオ・フローレセント・シトラス

glo hyper ネオ・フローレセント・シトラス

フィルターにカプセルが入っており、割るとシトラス風味が出るメンソール。

シトラスとメンソールの相性が良く、また、シトラス風味がスッキリした印象。爽やかなシトラスが苦味を相殺しており、良いフレーバーだと思います。

ネオ・ブリリアント・ベリー

glo hyper ネオ・ブリリアント・ベリー

glo hyper ネオ・ブリリアント・ベリー

カプセルが入っており、割るとブルーベリー風味が出るメンソール。

フィルターが少し甘いです。

喫味ですが、香りの良いベリー感が漂います。最初に持っていた印象とは異なり、美味かったです。

難点は、ベリーの香りと苦味のミスマッチ。そして、ベリー・フレーバーの持続力が弱い事。カプセルを割った最初の方はしっかりとベリー・フレーバーを楽しめますが、中盤から失速してきます。

ネオ・トロピカル・スワール

glo hyper ネオ・トロピカル・スワール

glo hyper ネオ・トロピカル・スワール

カプセルが入っており、割るとトロピカル・フレーバーになるメンソール。

トロピカルって言われてもどんな香り??なんですが、マンゴー・パイナップル風の香りを感じました。

これもスティックが少し甘く、フレーバーとマッチしています。

難点は、苦味とのミスマッチ。そして、フレーバーが中盤から失速する事。これはブリリアント・ベリーと同じでした。

ケント・ネオスティック・トゥルー

glo hyper ケント・ネオスティック・トゥルー

glo hyper ケント・ネオスティック・トゥルー

ケントのレギュラータイプ。

これはなぁ、なんていうかなぁ、、特徴が無いといいますか、可もなく不可もなく、ケント。としか言えないです。説明が下手ですみません。

レギュラータイプがネオと2種しかないので、これだったらネオ・テラコッタを選びます。

 

総評

総じて言える事は、どのスティックも「苦い」です。舌に苦味がずっと残ります。それだけニコチン量が増えたと思います。

レギュラーでもキック力は充分です。iQOSに引けを取りません。

加熱温度が若干高くなるブースト・モードを搭載していますが、ブーストしなくても充分なキック力を持っています。逆にブーストすると苦味が増すので、私はブースト機能は使っていません。

 

iQOSはブレード加熱方式が故にタバコ葉が焦げ付き、それが雑味を生みます。また、毎日掃除しないといけないので、ランニング・コストが高くつくのが欠点でした。

 

加熱式タバコにおけるiQOSの優位性は、キック力の満足感にあったと思います。

しかし、glo hyperの登場でiQOS1強が崩れるのではないかと思います。

苦味は個人の嗜好に大きく左右されると思いますが、紙巻たばこから移行するのであれば、iQOSよりもglo hyperの方が気に入る方もいると思います。

 

ちょっとやり過ぎな位の苦味テイストですが、ニコチン摂取感はiQOSよりも上。キック力も同等以上。最後まで雑味が加わらない。メンテナンスも楽。しかもランニング・コストがかからない。

ちょっと欠点が見つかりません。しらばくiQOSからglo hyperに乗り換えようと思います。

個人的オススメ・スティックは

  1. ネオ・ブリリアント・ベリー
  2. ネオ・フローレセント・シトラス

です。

7月19日まで、1,000円引きの2,980円(税込)とお求めやすくなっていますので、興味のある方はお早めに。

 

ご覧いただき、ありがとうございました。

ランキングに参加しています。ポチっと押して頂けると、タラちゃんのように純真な気持ちで喜びますのでお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

Copyright ©2019- 鬱リーマン、株式投資とパチスロと不毛な日々 All rights reserved.

プライバシーポリシー

他社著作物の掲載について

お問い合わせ