鬱リーマン、株式投資とパチスロと不毛な日々

鬱病で休職中、株デイトレをやりながらパチスロ打ってます。月初35万スタートで投資歴2年目。日常の出来事を綴ります。

貴重な人生の1日を無駄に過ごした日

スポンサードリンク

久しぶりに電車に乗った。

ホームに来た先頭列車を見た時、忙殺される中、会議で移動する時に山手線で乗り換え電車が来た時の事を思い出した。

当時、飛び込んだら楽になるかな、そんな事を考えていた。

今も変わっていないらしい。

 

子供の成長は見守りたい。

でも、家族といる時間も辛い。何でいきなりこんなに気分が落ち込んだのかわからない。

 

朝から1人で過ごしてた。

昼からパチスロを打ちに行った。

メダルは出て、3箱出たけど虚しかった。

 

夕方、隣にハゲたおっさんが座った。良くしらんけどツインエンジェルとか言うキモいオタクが好きそうな台に座った。隣に来るなよ。1人にさせてくれよ。

おっさん、音量最大にして、気持ちの悪い手付きでレバーとボタン押してた。

なんでそんなうるさいねん。迷惑やねん。キモいねん。他人の気持ち考えろよキモ豚。

ハゲ。デブ。おっさん。臭い。萌え台。音量最大。手付きがキショイ。これだけで数え役満。

 

おっさん側の片耳を手で塞ぎながらリール回した。胸ぐら掴んで店の外に出してやろうかと思ったけど、やめた。休職中やし。会社に迷惑かかるし。

出たメダルを全部なくしたかった。でも帰宅して子供の無邪気な顔を見るのも辛かった。最初から公園でボーっとしてたら良かった。

片手でメダルを投入するのは効率が悪いから、キモ豚の隣から離れて別の台に移動した。

結局メダルは減らず、子供が寝た頃に帰宅した。

 

俺は何をする為に生まれ、今を生きているのかわからない。

Copyright ©2019- 鬱リーマン、株式投資とパチスロと不毛な日々 All rights reserved.

プライバシーポリシー

他社著作物の掲載について

お問い合わせ