鬱リーマン、株式投資とパチスロと不毛な日々

鬱病で休職中、株デイトレをやりながらパチスロ打ってます。月初50万スタートで投資歴2年目。日常の出来事を綴ります。

【料理】(食育)子供が読書した本を参考に自ら料理し、それを手伝う

スポンサードリンク

子供の食べる事好きから、調理欲求への変化を感じた

長女は小学校中学年になりました。絵本からずっと読書習慣をつけさせたのが功を奏したのか、今では図書館に行っては本を借りてを繰り返しています。

先日借りた本は小説だったのですが、巻末に料理のレシピが書いてありました。その本がこちらの「ごちそうびっくり箱」です。

娘はこれを見て「作りたい!」と言う気持ちになったようで、今回は私がアシスタントとなって夕食を作りました。

 

3品、頑張って作ってみよう!

計3品を選び、その1品がこちら。

 

ちょびっと魔法をかけながら!

ジーパン魔女の煮ぐすり

 

用意するもの

ぶたロース肉300g/コーラ2カップ/しょうゆ1/2カップ/しょうが1かけ/塩・こしょう適量

 

つくりかた

  1. ぶたロース肉に塩とこしょうをよーくぬって、もめんのヒモでぐるぐるしばりましょう。
  2. それをお鍋に入れて、コーラとしょうゆ、すったショウガをドボドボドボ。
  3. ぶくぶく泡が出たら、弱火にして、煮汁が少なくなってきたら出来上がり。ヒモを取ってから食べてね。

 ★からしをつけて「ひーからら」。これぞ魔女の手料理。

 

 引用元:角野栄子(2014年) 『ごちそうびっくり箱』 株式会社KADOKAWA (152頁)

子供がワクワクしそうなネーミングです。「どんな料理だろう?」と想像力を働かせて作ってみたくなったのだと思います。

他の2品も面白そうなネーミングです。

 

笑いがとまらない、とまらない

ほらふき大根

 

 引用元:角野栄子(2014年) 『ごちそうびっくり箱』 株式会社KADOKAWA (156頁)

 

 

お空に帰ってしまう前に、パクッ!

トマトの入ったお月さま

 

引用元:角野栄子(2014年) 『ごちそうびっくり箱』 株式会社KADOKAWA (157頁)

 

食育は食べるだけにあらず

調理工程、時間を予想させる

3品作りたいと言った娘に、調理の順番や調理時間の推測をさせるようにしました。正解を求めているわけではありません。日常の出来事からも常に考えるクセをつけさせています

また、自分でできる事、私に手伝って欲しい事を事前に分別させました。何事も予定通りには進みません。今回の調理も娘の想定と違う事が起こりましたが、何気なく過ごしている生活の一部でもPDCA(Plan, Do, Check, Action) サイクルのトレーニングをする事ができると考えています。

なお、私がやった事は

  • 肉を紐で縛る
  • 大根の皮むき
  • たまご料理を、最後にフライパン返しする

でした。

調理過程にある「なぜ?」を考えさせ、答えを知る

なぜ、豚肉を紐で縛るのか?

なぜ、大根の下茹でに米(≒研ぎ汁)を入れるのか?面取りするのか?隠し包丁を入れるのか?疑問に思うよう誘導して会話をします。そして考えて答えた後、正しい答えを教えるようにしています。これは「なぜ?」と疑問を持って解決する力をつけて欲しいからです。今はまだ解決する術を身につけていませんが、「なぜ?」から思考を始めないと、大人になっても自力で成長・改善しない、そして何より「応用力が備わらない」と言うのが私の持論だからです。

今回は私が食材を揃えましたが、一緒に買物に行ける時は、新鮮な食材の見分け方等も教えています。これも食育の一環だと思っています。

 

夕食の献立

チャーシュー、大根の田楽、トマト入り卵オムレツ

上述の引用文だけでは想像できない料理が出来上がりました。全て小説の中で出てきた料理だと言っていました。だから作ってみたかったのかな?

そして、食事中は調理に関する会話もできるし、感想を聞く事で、子供にとっては思考を纏めるトレーニングにもなる、と良いことづくめだと思っています。

完全鬱モード時は、やるのがしんどいですけど。。

 

ご覧いただき、ありがとうございました。

Copyright ©2019- 鬱リーマン、株式投資とパチスロと不毛な日々 All rights reserved.

プライバシーポリシー

他社著作物の掲載について

お問い合わせ