鬱リーマン、デイトレとパチスロと不毛な日々

鬱病。パチスロ不敗のAタイプ専はプチ引退中。2019年デイトレ開始、月初50万スタート。日常の出来事を綴ります。

スポンサードリンク

【雑記】COVID-19に対するビル・ゲイツの行動力が凄いという話

昨日目にした、感銘を受けたニュースについて。

 

その記事はこちら 

 

The Microsoft billionaire Bill Gates told "The Daily Show" on Thursday that his foundation was funding the construction of factories for seven coronavirus vaccine candidates.

www.businessinsider.com

 要約すると、

  • 7種類のコロナウイルスワクチン候補の工場建設資金を提供した
  • 7種類の内1~2種を選択肢、他の製造に費やす数十億ドルは放棄される
  • 世界経済が数兆ドルの損失に直面しており、その為に数十ドルを消費する事には価値がある

 と書かれていました。

 

我、思う

私が青春時代に愛した国産PC達を淘汰したのは、間違いなくマイクロソフトです。IBMがMS-DOSを採用した事が全ての始まりですが、マイクロソフトではなくとも、どこかがPCを汎用機器化するソフトウェア、規格を作ったのは間違いありません。そもそもMS社はMSXという汎用規格を作り低価格帯ホビー機として充分普及させたのですが。

個人的にMS-DOSは好きではありませんが、ホビーマシンだったPCを一般化させた功績はとても大きいと思います。

 

ビル・ゲイツ氏と言えば、B&MGFを設立し、ワクチンと予防接種のために世界貢献される等、莫大な得た富を世界規模で還元されている方です。

富を得て、利己的な目的にのみ使う者もいれば、世に知られていないだけで寄付等還元されている方も、もちろん多数いらっしゃいます。今回目にしたニュースは、世界を変えた経営者の考えと行動力に感銘を受けました。

 

銀座で飲むのが経済を回すために必要なのか?スポーツカーを乗り回す事が経済を回しているのか?否。

 

我、思う。

そんなミクロな世界で金を落としても意味がない。寄付をしろだの、所得を減らしてワーカーに還元しろだのとは言わない。ただ、生きた金の使い方をして欲しい。富める者に密接に関わる一部の者だけが還元を享受するのは解せない。

「国に納税しているから良し」というのは免罪符では無いと思う。富める者、特に富すぎた者は世界に金を落とす前に自国に金を使ってほしい。

こんな事を言う私が今できる事は、せいぜいUNICEFに自分の無理しない程度の寄付をするくらい。

 

だが、もし私が富を得る事ができたとしたら、

私は宇宙旅行の為に金は使わないだろう。まだ、そんな事ができる時代に生きていないのだから。

私は高級車、スポーツカーには乗らないだろう。自己顕示欲を満たす為に使う金は、私にとっては死に金だと思うから。

私は東京銀座や大阪北新地で飲むような事はしないだろう。自宅でアテを作り、飲む、質素な生活を望むだろう。

私はタワマンに住むことはないだろう。最上階に住んでマウンティングを取り優越感に浸る事は、私にとっては少しも有益ではないから。そもそも有事の際、非常電源も停止したら階段使うんだよ?

 

私は(恵まれた)人を「羨ましい」と思う事はない。何かを成し得た方を「凄いな」と思う事はあっても、それを「羨ましい」と思う事はない。「羨ましい」と思う事は、自分と他者を比較して劣等感を抱く以外に何が生まれるのだろうか。何かを成し得た方は、その代償を払い、人に勝る努力、研鑽をしたから成し得たのだろう。同じだけの努力していない自分が「羨ましい」と思うのはおかしいと思うから。

ほぼドロップアウトした人生になってしまったが、他者と比較して、競い、蹴落として上に登りたいという気持ちは持っていない。これは今後も変わらないであろう確固たる私のアイデンティティ。根性が無いとか、男らしくないとか、それは人それぞれの解釈で捉えてもらえば良い。

 

話が脱線しましたが、日本人の経営者・資産家にはできない事をやったな、と思ったという話でした。

孫正義氏には期待しているのですが、、今回の問題について言えばマスク100万枚調達とか、コロナ100万人検査とか、ミクロ観点なんですよねぇ。本業もビジョン・ファンドは自転車操業を否めないし、目をつけた投資先もどうなんだ?って感じだし。

改めてビル・ゲイツ氏のマクロ視線に畏敬の念を抱いたニュースでした。

 

ご覧いただき、ありがとうございました

Copyright ©2019- 鬱リーマン、株式投資とパチスロと不毛な日々 All rights reserved.

プライバシーポリシー

他社著作物の掲載について

お問い合わせ