鬱リーマン、株式投資とパチスロと不毛な日々

鬱病になり会社に行けず、ノーサラリーなので個人投資家やりながらパチスロ打ってます。少額投資、損小利小なので大きな事は言えませんが、もしかしたら株で勝てない人にヒントをお伝えできればいいなと思い、日常の出来事を綴ります。

【雑記】鬱病になったきっかけと今 ([2/3] きっかけ 後編)

3部構成(予定) の第2部となります

第1部はこちらですinitial-jj.hatenablog.com

 

 

今日の一言

やる気が欲しい

ファミコン NES キャプテン翼

くっ!!ガッツが たりない!!

FC版キャプテン翼より ©コーエーテクモゲームス

40半ば、モロにFC世代です

レトロPCが好きすぎて、ブログ・ヘッダ画像をXanadu ScenarioⅡにしてしまう程です

ファルコム時代の木屋善夫さんとFF3を書いたナーシャ・ジベリは超絶プログラマだと思っています

どうでもいい話のついでですが、私のデスクトップPCの右スピーカーだけ、たまにノイズが出ます

その音がXanaduのオープニングのPSGノイズそっくりです

 

 転職してからの日常

業務時間中は

上司(T氏) は機嫌が悪くなければ、まぁ普通なのですが、ただ、どこに地雷があるのかわかりません

普段は饒舌でゲスい事を言いまくりますが、不機嫌になると急に無口になり、1週間口を聞かなくなる、事務所のドアを蹴って開け閉めする等、露骨に不快感を周囲に感じさせる人でした

当時、事務所には私と上司の2人だけでした

後から聞いた話ですが、中国の事務所でこれまで10人程採用したが、全員半年~1年で辞めたそうです

今となって思えば、その理由がよくわかります

定時前には

定時の2~3時間前には帰宅すると言い出します

「いやいや、もうちょっと仕様書読みたいので先に帰って下さい」と言っても、

「忖度が足らん!」の一言で、2人一緒に撤収

帰宅したら2時間程PCのオンラインゲームです

続いて夕食を食べて、ジムやプールで体力増強

 

最初の1年間は「単身赴任しろ、俺と同じサービスアパートに住め」と言われたので、希望していた家族帯同を諦め、ならばと、私はローカルのボロアパートに住みたかったのですが、その意見が通る事もなく。

で、朝から晩までずっと一緒にいる事になりました

ストレス度:★★★☆☆☆☆☆☆☆

夕食は

糖質カットダイエットをしていたのですが、ビールと炭水化物のオンパレード

そもそも朝食、昼食は滅多に食べません、お腹が減らないからです

なので、食事を断っても

 「忖度しろ!1人で食べに行けっていうんか」

食べに行って料理に手を付けないと

 「忖度しろ!全部食べろ!」

と大盛りのご飯が注文され、全部食べさせられます

ストレス度:★★★★☆☆☆☆☆☆

夕食後のおきまりコース1

KTV(日式カラオケ) 巡りです

ちなみに市内の日式カラオケは全て制覇しており、入店すると女の子達が「T氏が来た」と囁いているのが聞こえてきました

後で女の子から聞いた話ですが、どの店でも女の子からの評判が悪かったです

何せ不愉快になったら突如不機嫌オーラを撒き散らす人でしたから

 

私はお気に入りの子が早々に見つかり、2ヶ月後には半同棲していました

性格が良く、吉田羊さんにそっくりな美人、しかも夜の相性もバッチリ

上司との付き合いは程々にして、吉田羊と一緒に過ごす時間を増やしたいと考えるようになりました

だが、叶わぬ夢。。

なぜなら、毎夕、様式美の会話が始まります

  T氏 「今日はこれからどうする?」

  JJ 「帰って自炊します、やりたい事もあるんで」

  T氏 「忖度が足らへんな。正解はなんやと思う?」

  JJ 「帰って自炊するのが正解です。お金も節約できてハッピーじゃないですか」

  T氏 「忖度が足らん。正解は?」

   JJ 「。。。飲みにいってKさんの彼女候補を探しに行きますか。。」

  T氏 「正解や!俺の知らん可愛い子のいる店探してくるんや!

      身長は170cm以上。

      髪の毛が長くておっぱいはDカップ以上。

      足が細い子や。

      いいひんかったら、わかってるよな?

      明日、八つ当たりするからな」

(゚Д゚;≡;゚Д゚) そんなパーフェクト超人、どこにおるねん。。

 

言っている本人は冗談のつもりかもしれませんが、聞いてる側からすると、自分のやりたい事が何もできない、断っても却下され、絶対に付き合わされる為に苦痛しかありません

そもそも、全店舗行っているのに、知らない子を探すなんて無理やん。。

しかも新人探し担当は私。

色んな店のママに電話して「新しい子いる?」と聞くしかないのです

新人がいると聞けば、そこへ出撃

しかし、そこに待っているのは、他の店で働いていた子が店を移ってきただけというオチ

しかも、私の彼女からは「今、△△△で飲んでいるでしょ。わかってるよ」と怒りのメッセージが。。

で、翌日、二日酔いと共にT氏からはマジの八つ当たりをされる日々でした

ストレス度:★★★★★★☆☆☆☆

夕食後のおきまりコース2

闇カジノ店(パチンコ・パチスロ) への誘いでした

もしウメハラなら、毎日「夕食→カジノ→KTV」の3連コンボでKOの山が築けるでしょう

いや、俺、お金貯めたいし、、彼女と遊ぶ金も作りたいし、、、1人で街散策もしたいし、、

どんな理由で断ろうと「違う、忖度が足りひん。正解はなんや」で終わりです

南無 ( ̄人 ̄) ちーん♪

 

じゃあちょっとだけ付き合いますわ、と。行くのはいいですよ、もう開き直りますよ

ただ、自分はボロ負けでT氏ボロ出し中、時間は午前0時頃という事がままあります

  JJ「もう金もないし打つ台もないので先に帰りますよ」

  T氏「。。。(無言)」

  数十秒後、私と目線を合わせずに

  T氏「どう行動したらいいか、自分でよく考えて下さい(丁寧語)」

どうしたら良かったんでしょうね?誰か正解を教えて下さい

結局、ただただボーッと早く終われと願うのでした

この店は閉店時間が決まっておらず、最後の客が打ち終わるまで営業していました

延々深夜3~4時まで待たされた事もあります

私の人生と時間は何の為にあるのだろう。。。

ストレス度:★★★★★★★☆☆☆

上司に何か癇に障ることがあると、、

私と目を合わせなくなります

私と口をきかなくなります

粗暴になります

業務連絡はWeChatになり、文面も丁寧語になります

誰にでも一目瞭然で不機嫌なのがわかるほど豹変します

 

で、こうなると1週間ほど放置します(その間は吉田羊と食事に行けるとポジティブに考える)

それは、自分には思い当たる非がないからなのですが、1週間ほどして「何か気に触る事をしましたか?」と聞くと、小学生のようにしょうもない事で拗ねているのです

また、逆にこっちもずっと口を聞かないでいると、1週間後に長文の微信(WeChat=中国版LINE)が飛んできます

画面2画面はあろうかという文章量の愚痴です

あの時の○○の言い方が気に食わなかったとか、そんな事を延々文章にして伝えてきます

こんな女の腐ったみたいな性格だとは知りませんでした、口でハッキリ言えばいいのにと思います

そんな事するから人間関係が拗れるんです

ストレス度:★★★★★★☆☆☆

これが1ヶ月に1度の頻度から徐々に増え、2週間に1度にまで上昇しました

日本で会っていた時とはまるで別人でした

まるで、私を舎弟のように扱われました

職場が楽しくない、T氏と付き合いたくない、何がT氏の逆鱗に触れるか気になって仕方ない

で、再び備蓄していたメイラックスとデパスを飲み始めました

プライベート時間なんか何もない

帰国を決めたとどめの出来事になります

 

春節の帰国を楽しみにしていました

帰国前に、2人で本社に顔を出そうという事になったのですが、

  T氏「本社寄った後どうする?」

  JJ「帰宅しますよ。子供に早く会いたいんで」

  T氏「忖度が足らん。正解はなんや?」

本当にうんざりする様式美の問答

私が折れて

  JJ「じゃあちょっとだけパチ屋覗きに行きますか」

というまで、話は終わりません(1週間以上断り続けたが、最後は泣く泣く折れた)

結局パチ屋に行って、T氏が飽きるまで連れ打ちして解散

 

事件はその夜に起きました

20時頃、元の職場の後輩が飲みに誘ってくれていたので、家の近所の店集合で飲みに行きました

暫くすると、T氏と共によく行っていたスナックの子からLINEが入りました

  バカ女「今、何してんの?」

  JJ 「前の会社の後輩と飲んでる」(ウソをつけない性格なので)

 

数十秒後、T氏からWeChatで

「俺が1人で飲んでるのを知ってて、おまえは前の会社の奴と飲んでるんか!

こっちはおまえが早く家族に会いたいだろうと配慮してやったのに、ムカツクわ!」

だ、そうです

これにムカついたのは私の方でした

忖度してパチ屋付き合ってやったはは誰やと思ってるねん!!

理不尽を通り越してます

今まで、人間関係を悪化させないようにどれだけ穏便に相手してやってきたと思ってるんだと。

どれだけ折れてやったと思ってるんだと。

WeChatを読んだ後は怒りが収まらず1週間の休暇中は相手するのを放置。向こうも何も言ってきませんでしたが

 

休暇が終わり、帰国便のチェックインカウンターには行列ができていました

その中からT氏を探し大声で「おはようございまーす!」と声を掛けました

が、しかし、

T氏、ガン無視。。。

私より10人程前に並んでいて、その行列は目の前でU字になって、私の斜め前方向にいるんだから聞こえたよね??

俺、声が大きい方で、それでなお声を張り上げて名前を呼んだけど、絶対聞こえてたよね??

その30分後、毎度おなじみのWeChatで様式美の長文の文句が送られてきました

「この1週間おまえから何も連絡してこなかった、ムカつく。こんな気分のまま戻ったら機嫌悪いから帰国する前に言うけどな、 ~~2画面分スワイプするまで文句が続く~~」

 

そして、そこまでムカついているのにも関わらず、到着した後は無言のまま同じタクシーに乗らされて帰宅

私は自分を温厚な性格だと思っていますが、さすがに車内で言ってやりました

「俺、何も悪いことしてないやろ!十分忖度したやろ!文句あるんやったら直接言えや!俺の方が何倍も気分悪いわ!」

ストレス度:★★★★★★★★★★★★★★(振り切れた)

 

これが決定打となり、彼と一緒に仕事はできないと思い、社長と相談し、帰国しました

仲良くやっていけると思っていたのですが、、、こうなった一因は同じアパートに住んだ事だと思います(別アパートの提案を却下された結果が、これ)

人間関係「近すぎず、遠すぎず」

今回の事で実感しました

そして、鬱と診断された

帰国してからは、以前通っていた心療内科ではなくセカンドオピニオンに診察してもらいました

理由は以前の医者が不真面目だから。

 

電話着信があっても番号を見て「あー、この患者さんは取らなくていいわー」とか、

 電話なりっぱなしやぞ。。

診察室の中は子供のおもちゃだらけで、脈絡なく急に子供自慢が始まるとか、

 診察する気あるんか。。

助士がいつもダラダラ話しているとか。

 ガムシャラに働かず、このおっさん先生みたいなのが丁度いいのかなと思います

 

で、不信感が増したので、自宅からは遠くなりましたが他に移りました

ここで出された診断結果は「鬱病」

 

もしかしたら、もしかしたら、、

前の会社を辞める前にこっちで診察してもらってたら、休職して、仕事に追われずに考える時間が持てたかも、と思ってしまうのが心残りです

 

人生誰もが選択に失敗する事はあるでしょうし、私は転職した事は後悔していませんが、中国でやり遂げたい事をせずに帰国を選んだ事は後悔していないと言うとウソになります

 

つづく

 

 

今回も長文で面白みのないブログでしたが、

ご覧いただき、ありがとうございました

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

 

Copyright ©鬱リーマン、株式投資とパチスロと不毛な生活 All rights reserved.

プライバシーポリシー